何が違う?自賠責保険と任意保険

自動車保険には、主に二つの種類があります。まず一つ目は、「自動車損害賠償保障法」によって、必ず入らなければならないと定められている自動車損害賠償責任保険です。自賠責保険や強制保険といった呼ばれ方をすることもあります。

 

この保険は、国が定めた保険制度です。交通事故の加害者側に支払い能力が無かった場合にも、その被害者が最低限の保障を受けることができるようにするためのものです。これによって、被害者が保証を受けられないリスクを軽減することができます。ですから、未加入の車は走行することができません。

 

そしてもう一つが、加入するかどうかは個人の意思に任せられる任意保険です。交通事故の被害者が亡くなった場合や後遺障害が残った場合、加害者には自賠責保険の範囲では到底まかなうことができないほどの賠償金の支払い義務が発生することがあります。このような場合に備えて、加入するのが任意保険です。対人、対物の他にも、人身傷害補償、搭乗者傷害、車両などいくつかの種類があります。改正保険業法が施行されてからは、“リスク細分型自動車保険”と言われるような、補償対象を選択して加入するタイプの保険が増えてきています。

 

また、保険料に関しては、年齢、性別、運転歴、車種、使用目的、所有台数、地域、使用状況、安全装備の9つのリスクを考慮して決めることができると、保険業法施行規則によって定められています。